オンラインカジノ紹介.com|イカサマ性について

オンラインカジノ紹介.com違法性イカサマ性

オンラインカジノってイカサマでしょ

 オンラインカジノが法律的に違法であっても裁判になると不起訴になるので、逮捕されることもなく安全に遊べるギャンブルだということは理解できたと思いますが、不安な部分はそれだけではありません

 オンラインカジノってイカサマでしょ?って思ってる人も多いと思います。

 事実、かなりイカサマ臭いオンラインカジノは沢山あります。私もかなりやられちゃいました。例えば、ワイルド〇〇カジノとかスマート〇〇カジノなどなど

 手口は様々ですが、実際イカサマしているオンラインカジノは数多くあります。

 しかし、全てのオンラインカジノがイカサマをしているわけではなくクリーンに運営されているオンラインカジノの方が圧倒的に多いです。
 オンラインカジノがイカサマだけだとここまで流行することもないので一部悪さをするオンラインカジノがあるだけで普通はまともに運営されてまともに商売にしているオンラインカジノの方が圧倒的に多いです。

 日本でもぱちんこ屋さんなどを想像してもらえれば分かると思いますが、締めるお店もあれば出すお店もある。

 健康食品の会社でも効果がないお薬をあると騙して売っているお店もあれば、きちんとしたお薬を売っているお店もある。

 そんな感じで思って頂ければわかりやすいと思います。

 オンラインカジノはイカサマもあればまともなオンラインカジノもあるので、私が実際遊んだことのある優良店だけを紹介していきますのでイカサマ臭いハウスは紹介しないので安心して下さい。

オンラインカジノ割りの良いギャンブルなの?

 オンラインカジノはかなり厳しい審査を受けて運営されてるハウスが殆どです。

 運営許可のないハウスも存在するのでその辺りの完全アウトなハウスを抜きにして、ライセンスを持っている国際法により運営許可のあるハウスはかなり厳しい審査を受けているのでライセンスのあるハウスはそれなりに信用できると思います。

 ライセンスには第三者機関が不正がないかやマフィアや暴力団との関係がないかなどの厳しい審査を受けているのであからさまなイカサマをしているハウスはライセンスは取得出来なくなっています。

 ペイアウト率という、還元率を公表していて、何パーセントは還元するようにしていますと公言しています。

 日本ではぱちんこ屋さんではペイアウト率など公表しているお店はまずありません。

 出ます。出します。勝たせます。って公言してる割には還元率も換金率すら公表していないお店が圧倒的に多いです。

 その辺りを考えればオンラインカジノはぱちんこ屋さんよりも良心的な運営をしているのかもしれません。

ペイアウト率

 オンラインカジノはペイアウト率という還元率を毎月公表しています。

 ペイアウト率はハウスが売り上げから何%を客に支払ったのかを公表しているのです。

 例えば日本の公営ギャンブルであれば、競馬や競輪や競艇などは、ペイアウト率75%です。

 宝くじやロトやtotoなど富くじは基本的な目的が寄付なのでペイアウト率は45%とギャンブルとしては割りの悪い賭けになります。

 あとは、公営ではないのでお店によってかなり差がありますが、ぱちんこやパチスロでペイアウト率が70%~85%と言われています。


 一方、オンラインカジノではペイアウト率は90%~98%とかなり高い還元率となっています。

 細かく言えば、テーブルゲームやカードゲームなどレトロなゲームが95%や98%など中には100%を超えるゲームも稀ですがあります。

 スロットは回収台が多く93%ぐらいで、野球やサッカーなどのスポーツ賭博で90%~93%ぐらいになります。

 これもハウスによって差があるので一概には言えないですが、95%ぐらいのペイアウトを平均して出しています。

 ギャンブルとして勝ち負けを考えた場合はかなり割りの良い賭けになると思います。
次のページ・・・危険性について

オンラインカジノ紹介.com

Copyright (C) 2018~ オンラインカジノ紹介ドットコム All Rights Reserved.